NetAppステータスレポート機能

ストレージの利用効率を向上

NetAppストレージのアグリゲート/ボリューム/クォータ毎の使用容量の把握や、NetAppストレージのCPU/メモリ/ネットワーク/IOの状況を記録、可視化する事により、ストレージ非効率な使用実態の把握や、ストレージの拡張時期の予測などに活用できます。



取得できるログの種類と項目

ログの種類 ログ項目
アグリゲート name, size-total, files-total, size-used, size-percentage-used, size-availavble, files-used, files-private-used, state, mount-state, mirror-status, raid-status
ボリューム Name, size-total, files-total, size-used, percentage-used, size-available, files-used, files-private-used, state, raid-status, mirror-status, containing-aggregate
クォータ quota-type, quota-target, quota-user-name, quota-user-id, tree, volume, disk-used, disk-limit, soft-dislk-limit, threshold, files-used, file-limit, soft-file-limit
システム sys_read_latency, sys_write_latency, sys_avg_latency, net_data_recv, net_data_sent, disk_data_read, disk_date_written, cpu_busy, avg_processor_busy, total_processor_busy