報道関係者各位
プレスリリース


2014年10月23日
インフォサイエンス株式会社


Logstorage 統合ログ管理ツールの分野で8年連続シェアNo.1
~ミック経済研究所、富士キメラ総研の調査でシェアトップを獲得~


 インフォサイエンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 宮 紀雄、以下 インフォサイエンス)は、株式会社ミック経済研究所(以下、ミック経済研究所)が実施した調査(*1)に於いて、統合ログ管理ツールの分野で8年連続となる、シェアトップを獲得しました。
 また、株式会社富士キメラ総研(以下、富士キメラ総研)が実施した調査(*2)に於いてもシェアトップを獲得しております。

(*1) ミック経済研究所「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2014」
(*2) 富士キメラ総研「2014ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」

市場動向の概要

 法規制、コンプライアンス対応強化を図るべく導入が進んだ統合ログ管理ツールは、部門導入、サイト導入といったスモールスタートから、 全社での統合ログ管理への適用拡大が進んでおります。 その中でLogstorageは導入数を増やし、出荷数、金額ともにシェア1位となりました。

製品名 メーカー名 出荷本数シェア
Logstorage インフォサイエンス 51.1%
快速サーチャーLogRevi インテック 21.2%
Splunk Splunk Services Japan 8.8%
LogStare セキュアヴェイル 7.9%
LogAuditor 三菱電機インフォメーションテクノロジー 5.3%
RSA enVision EMCジャパン 3.5%
その他 - 2.2%

調査:ミック経済研究所
出典:「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2014」

 今後もお客様、パートナー各社様のご意見に耳を傾け、製品開発に反映させていくとともに、日本のベンダーならではのスピーディーで、きめの細かいサポート体制を強化して参ります。

ログストレージについて

 純国産の統合ログ管理システムで、小規模システムから大規模システムまでカバーします。多種多様な業界で 採用され、大手企業を中心に1,500社以上への導入実績があります。 Logstorage はログに様々な意味付け(タグ付け) を行うことにより異なる種類のログでも、同じ意味を持った項目に対して正確に検索/集計/検知することができ、本技術にて特許を取得しています。 (特許番号 特許4050497)

製品情報詳細:http://www.logstorage.com/

インフォサイエンス株式会社について

 インフォサイエンスは1995年、企業向けにインターネットサーバの運用を受託することから事業を始め、現在では自社にてデータセンターを持ち、 コンサルティングから開発、運用・保守まで一貫してサービスを提供しています。また、自社開発製品の「Logstorage」は2002年の発売以来、多くの企業に導入されています。

※本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

インフォサイエンス株式会社
担当: プロダクト事業部 コンサルティンググループ
TEL:03-5427-3503
FAX:03-5427-3889
E-Mail:info@logstorage.com