Logstorage Agent

Logstorage Agent の機能

Logstorage Agent は、収集対象ログの監視を行い、Logstorageへリアルタイムに転送を行うエージェントプログラムです。
検知機能と組合せる事により、ログのリアルタイム監視・アラートが可能になりますので、運用監視ソフトウェアの代替機能としてもお使い頂けます。

Logstorage Agent の動作イメージ



Logstorage Agent の機能一覧

機能 説明
ログのTCP送信機能 信頼性の高いTCPでログを送信することができます。
ログ送信切り換え機能 送信先へ接続できない場合、接続先を切り換えて送信することができます。
システム高負荷時の動作抑制機能 ログ・ソース(ログ収集対象)が高負荷となったとき、メインのサービスの稼動に影響しないよう、ログ送信を一時抑制します。
ブロックログの送信機能 複数行で1つの意味を持つログを解析し、1行のログとして送信することができます。
ローテートログの送信機能 ローテートされたログファイルを追跡し、ログを送信することができます。
送信ログのフィルタ機能 キーワードによるログのフィルタリングを行い、必要なログのみ送信することができます。

動作環境

動作環境 のページをご覧下さい。

動作環境の詳細はinfo@logstorage.comにお問い合わせください。