管理機能

ログ圧縮保管機能

Logstorageでは、収集したログを最大で10分の1に圧縮して保管しますので、ログ保管に用いるストレージのコストを大幅にカットできます。

ログ暗号化機能

Logstorageでは、AESやBlowfishなどの暗号方式を用い、収集したログを暗号化して保管する事が可能です。

ログの改ざん検出機能

Logstorageでは、収集したログデータに対するハッシュ値を管理しており、これを用いる事でログが改ざんされている、或いは改ざんされていない事の証明が可能です。

ログフォーマット定義機能

ログフォーマット定義機能は、Logstorageで収集したログの項目に対して、意味付け・タグ付けを行う機能です。
この意味付けを行った定義データを「ログフォーマット定義」と呼び、弊社よりお客様にご提供しております。
ログの収集実績については、「収集実績ログ」をご覧下さい。

ログフォーマット定義の適用イメージ

詳細

  • ログフォーマット定義ウィーザード機能により、視覚的に定義の作成が可能
  • プレビュー機能により、ログフォーマット定義の事前検証が可能
  • インポート/エクスポート機能により、ログフォーマット定義の更新/追加が可能

グループ・ユーザ管理機能

グループ・ユーザ管理機能では、グループ・ユーザ単位に、利用できる機能や、アクセスできるログについて権限設定が行えます。

詳細

  • ActiveDirectory/LDAP連携機能
  • 機能の使用制限(検索/集計/検知/レポート/ログフォーマット管理)
  • ログソースのログ閲覧権限
    [例] グループAのユーザはサーバAのログのみ閲覧可能
  • アプリケーションのログ閲覧権限
    [例] グループBのユーザはApacheのログのみ閲覧可能