Logstorage ログ分析オプション「労務管理レポートオプション」

労務管理レポートオプション概要

労務管理レポートオプションは、労働状況の把握を支援するオプション製品です。本製品の利用により、「働き方改革関連法」で定められた次の項目に対応することができます。

・ 労働時間の客観的把握義務への対応
従業員の自己申告(勤怠管理システム等のデータ)と客観的な記録(タイムカード等のログ)を突き合わせ、両者に著しい乖離がないかを確認することができます。

・ 残業時間上限の厳守への対応
月の労働時間が規定を超過した従業員を確認することができます。

・ 記録の3年間保管への対応
Logstorageはログデータを圧縮して製品独自のDBに登録します。DBは暗号化および改ざん検出に対応しておりセキュアにデータを保管することができます。高圧縮のDBにより3年以上のログデータの保管を支援します。

システム構成

処理イメージ

・Logstorageに客観的な記録であるログ(タイムカード等)を取り込みます。
・そのログとLogstorage上に配置した申請マスタ(勤怠管理システム等から出力されるデータ)を突き合わせます。
・ログと申請マスタの状況に乖離がないかを判定します。
・結果のレポートを出力します。

詳細資料

Logstorage 対応バージョン

  • Logstorage Ver.7.2.0以降 (レポートオプション必須)

ライセンス価格

  • 詳細・お見積もりは弊社にお問合せ下さい。
メール:info@logstorage.com
電話:03-5427-3503
(インフォサイエンス株式会社プロダクト事業部)