マスタ連携機能

マスタ連携機能

ログ収集時にログとマスタ情報との紐づけを行うことで、ログに含まれない情報を付加できる機能です。

マスタ連携イメージ

Logstorageマスタ連携機能

  • マスタ設定によるマスタ情報の登録、更新、削除
  • 登録するマスタ情報の世代管理
  • マスタ連携設定によるログとマスタ情報の項目を紐づけ
  • スケジュール実行によるマスタ情報の自動登録

マスタ連携後の検索結果・レポート結果イメージ

マスタ連携活用例

マスタ連携活用例 出力イメージ
ネットワーク機器への未許可端末からのアクセス

ネットワーク機器のトラフィックログに、利用許可されている端末のマスタ情報を紐づけることにより、許可されていない端末からのアクセスを把握。

(クリックして拡大)

(クリックして拡大)

クラウド型ファイル共有システムへの外部業者からのアクセス

クラウド型ファイル共有システムのログに、外部業者(取引先)のマスタ情報を紐づけることにより、共有ファイルにアクセスしている外部業者を把握。

(クリックして拡大)

(クリックして拡大)

部署単位での印刷頻度、枚数

印刷履歴のログに、人事マスタ情報を紐づけることにより、部署単位での印刷頻度や枚数を把握。

(クリックして拡大)

(クリックして拡大)