報道関係者各位
プレスリリース

20090407
インフォサイエンス株式会社

infoscience LOGO

 


 

統合ログ管理システム「Logstorage(ログストレージ)」が
国内シェアNo.1のWebフィルタリングソフト「i-FILTER」と連携
『Logstorage for i-FILTER』の販売開始

 


 

 インフォサイエンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:宮紀雄、以下 インフォサイエンス)は、統合ログ管理システム「Logstorage」とデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:道具登志夫、以下 デジタルアーツ)のWebフィルタリングソフト「i-FILTER」を連携させた「Logstorage for i-FILTER」の販売を2009年4月27日より開始いたします。

 詳細はこちら:『Logstorage for i-FILTER』ページ

 近年、内部統制、情報セキュリティ対策の中で、企業のITシステムの監査証跡として「いつ、誰が、何を行ったか」を正確に記録し、迅速な分析・レポーティングを行うためのログ収集・管理基盤の整備が求められており、ログの統合管理が注目されています。

 その中でも、情報漏えい、業務効率の低下、有害サイトへのアクセスなど、Webからの脅威は拡大を続けており、それらをフィルタリングする「予防的統制」と、アクセス状況を追跡・分析する「発見的統制」の両面からの統制が求められています。

 「i-FILTER」は業界随一のURLデータベース、きめ細かい規制カテゴリをベースに、ポリシーに違反するWebアクセスを正確にフィルタリングすると共に、全てのアクセスログを記録する機能を持つ国内シェアNo.1のWebフィルタリングソフトであり、その分析・統合ツールとしてLogstorageとの連携のご要望を多く頂いておりました。

 今回の連携により、「i-FILTER」が記録する正確かつ詳細なWebアクセスログに対し、多角的な分析、他のログと組み合わせた横断的な追跡が可能となり、内部統制・情報セキュリティ対策を強化します。

 

Logstorage for i-FILTERの特長

 


1.i-FILTERのログを長期保管・高速検索・レポート
 i-FILTERから出力されるログをストレージに数年にわたって長期保管できます。また、保管されるログは暗号化され、かつ電子署名が付与されますので、ログの改ざん対策にも効果を発揮します。
 高速なインデックス検索機能によるログの検索・追跡、各種コンプライアンスレポート出力など、i-FILTER のログを効果的に活用することが可能になります。

2.i-FILTER 6、7に対応
 i-FILTERが出力するログの全項目に対する定義・設定情報は全て Logstorage for i-FILTERに搭載されています。
 i-FILTERのバージョンアップなどによりログ出力形式が変更された場合でも、新しい定義ファイルをご提供しておりますので、安心してお使い頂けます。

3.統合ログ管理へのアップグレード可能
 企業全体の様々なコンプライアンス上の要求に応えて行くためには、Webアクセスログ以外にも、業務システムやファイルサーバ、データベースに対するアクセスログや認証ログなどに収集対象を広げ、これらを統合管理することが必要になります。
 i-FILTERに特化したLogstorage for i-FILTER から、統合ログ管理エディションである、Logstorageワークグループ版へのアップグレードも、ライセンスキーの切り替えのみで可能です。

■製品名称:Logstorage for i-FILTER
■出荷開始日・価格
  出荷開始日:2009年4月27日
  価格:35万円(税別)
■ パッケージ内容
  ・Logstorageアライアンス版 本体ライセンス
  ・i-FILTER連携パックライセンス
   -i-FILTER用ログ受信モジュール
   -i-FILTER用ログフォーマット定義
   -i-FILTER用検索結果定義(カラムセット定義)
   -i-FILTER用レポートテンプレート

Logstorage パッケージ


 純国産の統合ログ管理システムで、小規模システムから大規模システムまでカバーします。多種多様な業界で 採用され、大手企業を中心に300社以上への導入実績があります。「Logstorage」の市場シェアは、出荷金額シェア25.0%・出荷本数シェア45.5%で、共にシェア第1位(※)となりました。

 「Logstorage」はログに様々な意味付け(タグ付け)を行うことにより異なる種類のログでも、同じ意味を持った項目に対して正確に検索/集計/検知することができ、本技術にて特許を取得しています。 (特許番号 特許4050497)

※ 出典:ミック経済研究所「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2008統合ログ管理市場)」

 「i-FILTER」は、情報漏洩対策とWebの有効利用のための企業向けWebフィルタリングソフトです。国内におけるWebフィルタリングソフトのシェアNo.1を獲得しました(2009年ミック経済研究所調べ)。

 業界最大級の2億6,000万ページを超すWebフィルタリングデータベースと、特許を取得したフィルタリングテクノロジー「ZBRAIN」により、業務中の閲覧が不適切なWebサイトを高い精度で遮断します。また、Webメールの利用や掲示板の書き込みなどといった、Web経由の情報漏洩を防ぐとともに、その内容を記録・確認・保存することが可能なため、内部統制対策としても有効なソリューションです。

 「i-FILTER」は、すでに全国の企業・官公庁5,500団体以上、学校・教育機関19,200校以上に導入されています。

 

インフォサイエンス株式会社について

 

 インフォサイエンスは1995年、企業向けにインターネットサーバの運用を受託することから事業を始め、現在では自社にてデータセンターを持ち、コンサル ティングから開発、運用・保守まで一貫してサービスを提供しています。また、自社開発製品の「Logstorage」は2002年の発売以来、多くの企業 に導入されています。

 

 

本件に関するお問い合わせ

インフォサイエンス株式会社
 担当:プロダクト事業部 テクニカルコンサルティングチーム
 TEL:03-5427-3503
 FAX:03-5427-3889
 E-Mail:info@logstorage.com

※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

 

 

© 1995-2009 インフォサイエンス株式会社