Logstorage Cloud Solutions バージョン情報

2021年3月19日 Logstorage Box連携パック Ver 2.0.4 リリース

  • 認証に関する不具合の修正
    ・Logstorage Box連携パック 2.0.0 〜 2.0.3 について、連携対象であるBoxからログを収集する際に、Box にログイン認証を行う動作について不具合が発見されました。
    ・現在、Logstorage Box連携パック 2.0.0 〜 2.0.3 をご利用いただいているお客様につきましては、2.0.4へのバージョンアップをお願い致します。
    ・Logstorage Box 連携パック 2.0.4 、及びバージョンアップ手順については、ダウンロードサイトより入手をお願い致します。
    ・Logstorage ダウンロードサイト: https://partner.logstorage.com/proself

    ※Logstorage ダウンロードサイトへのアクセスには、有償サポート確認書又は契約書に記載されている「利用者ID」と「パスワード」が必要になります。
    ※ダウンロードサイトにて、Logstorage Box連携パック へのダウンロードリンクが表示されていない場合は、弊社 サポート窓口までお問い合わせください。
    ※弊社サポート窓口については、https://www.logstorage.com/support/support.htmlを御覧ください。

2020年10月30日 Logstorage対応パック for AWS Ver 2.7.2 リリース

  • 収集性能改善(Amazon CloudWatch Logs)
    ・Amazon CloudWatch Logsのログ収集においてロググループ、ストリームが非常に多い環境で、収集が遅延する問題を改善しました。

  • Amazon CloudWatch Logs のログフォーマット定義更新
    ・kinesisstreamのメッセージパラメータ、タグを削除しました。

  • その他
    ・その他の修正内容につきましては、リリースノートをご参照ください。

2020年1月31日 Logstorage対応パック for AWS Ver 2.7.1 リリース

  • AWS ConfigスナップショットレポートのVPCエンドポイント対応
    ・非インターネットアクセス環境でのAWS Configスナップショットレポートの作成が可能になりました。

    ・Amazon RDSは、VPCエンドポイントがサポートされていないため、Amazon RDSのログ収集とAWS Configのスナップショットレポートは、インターネットアクセスが必要になります(本バージョンリリース時点での情報)。

2020年1月17日 Logstorage対応パック for AWS Ver 2.7.0 リリース

  • Amazon CloudFront 対応
    ・CloudFrontのアクセスログの収集に対応しました。
     ウェブディストリビューション及び、RTMPディストリビューションのアクセスログが収集可能です。

  • バンドルJavaのバージョンアップ
    ・バンドルされているJavaを下記にバージョンアップしました。
     - OpenJDK 11.0.5 (build 11.0.5+10) *1
      [*1] AdoptOpenJDKコミュニティが提供する下記ソフトウェアを指します。
      Java SE Development Kit(JDK)

  • その他
    ・その他の修正内容につきましては、リリースノートをご参照ください。

2019年12月5日 Logstorage対応パック for AWS Ver 2.6.1 リリース

  • VPCエンドポイント対応
    ・非インターネットアクセス環境でのログ収集が可能になりました。

    ・各ログには、AWS契約識別情報(≒AWSアカウントID)が含まれていないため、ログ収集モジュールはSTSよりAWSアカウントIDを取得し、ログに付加します。
     これまでSTSのグローバルエンドポイントへアクセスしていましたが、各リージョンのエンドポイントへアクセスするように変更しましたので、STSのVPCエンドポイント機能を使用することが可能です。
     
    ・尚、設定ファイルにパラメータを追加しました。本パラメータに値が設定されている場合は、設定したAWSアカウントIDをそのままログに付加します。STSにはアクセスしません。

    ・S3にアクセスする場合にも、これまでS3のグローバルエンドポイントへアクセスしていましたが、各リージョンのエンドポイントのみをアクセスしてログを収集するよう修正しました。

    ・Amazon RDSは、VPCエンドポイントがサポートされていないため、 Amazon RDS のログ収集と AWS Configの スナップショットレポートは、インターネットアクセスが必要になります(本バージョンリリース時点での情報)。

2019年10月18日 Logstorage対応パック for AWS Ver 2.6.0 リリース

  • Amazon CloudWatch メトリクス対応
    ・EC2上の統合CloudWatch Agent が送信したメトリクス(CPU、メモリ、ディスク利用情報等)の収集に対応しました。

  • 大阪リージョン対応
    ・大阪ローカルリージョンからのログ収集に対応しました。
     ※本リージョンでは、Logstorage 対応パック for AWS で対応しているサービスのうち、
       AWS Config及びAmazon Auroraのサービス提供は行われていません。
       (本バージョンリリース時点での情報です。)

  • アイコン刷新
    ・AWSが公開するアイコン刷新に伴い、本対応パックも関連するアイコンを刷新しました。

  • その他
    ・その他の修正内容につきましては、リリースノートをご参照ください。

2019年06月06日 Logstorage対応パック for AWS Ver 2.5.0 リリース

  • 統合 CloudWatch エージェント対応
    ・統合 CloudWatch エージェントで収集したログに対して、ログフォーマット定義が適用されるように対応しました。

  • Network Load Blancer(NLB)対応
    ・Amazon ELBにて、NLBのログ(VPCフローログ、アクセスログ)収集・解析が可能となりました。

  • Amazon CloudWatch Logs のpersistファイル更新対応
    ・Amazon CloudWatch Logs に存在するロググループ名・ログストリーム名のペア情報をもとに、persistファイルを更新するよう修正しました。

  • その他
    ・Amazon CloudWatch Logs のログフォーマット定義のアプリケーション名が誤表記となっている問題や、Amazon CloudWatch Logs で一部ログが正しく解析されない問題への対応を行いました。

2019年02月20日 Logstorage for AWS Ver 2.4.0 リリース

  • 全般
    ・OpenJDK 11.0.1 (build 11.0.1+13)をバンドルしました。本バージョン以後、本ソフトウェアで利用するJDKバージョンはJava11となります。

2018年11月30日 Logstorage for AWS Ver 2.3.0 リリース

  • AWS Billing
    ・AWS Cost and Usage Reportに対応しました。

    ※その他の修正内容についてはリリースノートをご参照ください。

2018年08月24日 Logstorage for AWS Ver 2.2.1 リリース

  • 全般
    ・Logstorage Ver 7.1 の仕様変更に伴い、インストーラ機能を改修しました。

2018年07月04日 Logstorage for AWS Ver 2.2.0 リリース

  • Amazon RDS
    ・PostgreSQL(Aurora互換含む)監査ログの収集に対応しました。
    ※Ver 2.2.0では、Amazon RDS Oracle、Aurora(MySQL互換、PostgreSQL互換)、PostgreSQLのSQLクエリーが取得可能です。

2018年07月04日 Logstorage for AWS Ver 2.1.3 リリース

  • AWS Config
    ・AWS Config レポートについて、RedshiftにパブリックIPアドレスが付与されていない場合にレポート出力が正しく表示されない不具合を修正しました。

2018年05月21日 Logstorage for AWS Ver 2.1.2 リリース

  • AWS Config
    ・AWS Config レポートについて、レポート内のフィルター機能が正しく表示されないケースがある不具合を修正しました。

2018年03月30日 Logstorage for AWS Ver 2.1.1 リリース

  • 全般
    ・Logstorage Ver 7 のリリースに伴い、インストーラ機能を改修しました。
    (本バージョンより、Logstorage Ver 7以降がインストールされていることが前提条件となります。)

2017年10月25日 Logstorage for AWS Ver 2.1.0 リリース

  • 全般
    ・AWSの仕様変更に伴い、リージョンを明示的に設定するように対応しました。

  • Amazon RDS
    ・Aurora監査ログの取得に対応しました。
    ・Oracle監査ログの取得方法を改善しました。

2017年5月26日 Logstorage for AWS Ver 2.0.0 リリース

  • AWS Config
    ・AWS Configレポートについて、Amazon Redshiftを追加しました。

  • Amazon RDS
    ・Oracle監査ログの取得に対応しました。

2017年3月15日 Logstorage for AWS Ver 1.6.2 リリース

  • 全般
    ・collector動作ログの出力内容を改善しました。
    ・converter動作ログにローテート機能を追加しました。

  • Amazon CloudWatch Logs
    ・ログ情報にAWSアカウントIDを付加しました。
    ・スロットリングが発生しないように改善しました。

2017年1月23日 Logstorage for AWS Ver 1.6.1 リリース

  • 全般
    ・複数アカウントのログが同時に取得できるようにロック処理を改善しました。

  • Amazon CloudWatch Logs / AWS Billing
    ・persistファイル出力先を指定できるようにしました。

2016年12月7日 Logstorage for AWS Ver 1.6.0 リリース

  • Amazon ELB
    ・アプリケーションロードバランサーに対応しました。

2016年11月14日 Logstorage for AWS Ver 1.5.2 リリース

  • AWS CloudTrail / AWS Config / Amazon ELB
    ・ログファイル名が長くなる問題に対応しました。

  • AWS Billing
    ・正しくデータ更新されないケースがある不具合を修正しました。

2016年9月14日 Logstorage for AWS Ver 1.5.1 リリース

  • AWS CloudTrail
    ・AWS CloudTrail のログについて、ログ取得方法を改善しました。

  • AWS Config
    ・AWS Config レポートについて、レポート出力が正しく表示されないケースがある不具合を修正しました。また、体裁を整えました。

2016年5月31日 Logstorage for AWS Ver 1.5.0 リリース

  • AWS Config
    ・AWS Configレポートについて、Dedicated hostとAuroraクラスタ設定の表示に対応しました。

  • AWS Billing Collector
    ・日次取込みに対応しました。

2016年3月25日 Logstorage for AWS Ver 1.4.0 リリース

  • AWS Config
    ・AWS Configレポートについて、RDS と AutoScalingGroup を追加しました。

  • Amazon ELB Collector
    ・アクセスログのURLエンコードに対応しました。

2016年2月15日 Logstorage for AWS Ver 1.3.1 リリース

  • 全般
    ・ログのダウンロード処理とLogDB登録処理の並列化に対応しました。

  • AWS Config
    ・AWS Config レポートについて、マルチアカウントの機能を拡張しました。

  • Amazon S3 Collector
    ・Amazon S3 アクセスログのURLエンコードに対応しました

2016年1月8日 Logstorage for AWS Ver 1.3.0 リリース

  • Amazon S3 Collector
    ・Amazon S3 のアクセスログの取得に対応しました。

  • Amazon ELB Collector
    ・Amazon ELB のアクセスログの取得に対応しました。

  • アーカイブログのS3転送
    ・一定期間を経過したログデータをAmazon S3にアーカイブする機能を追加しました。

  • Amazon CloudWatch Logs Collector
    ・Amazon Kinesis 経由での Amazon CloudWatch Logs の取得に対応しました。

2015年10月26日 Logstorage for AWS Ver 1.2.0 リリース

  • AWS Config Collector
    ・S3のイベント通知を利用してログ取得する方式に対応しました。

    ・AWS Config レポート(HTML)に対応しました。
     AWS Config レポート(HTML)では、各リソースでの絞込表示を行うことが可能です。

     [絞込可能リソース]
     - VPC
     - Subnet
     - Customer Gateway
     - Internet Gateway
     - AMI Snapshot
     - Security Group
     - Network ACL
     - Tag

  • Billing Collector
    ・AWS 請求データの取得に対応しました。

2015年8月14日 Logstorage for AWS Ver 1.1.1 リリース

  • AWS CloudTrail Collector
    ・S3のイベント通知を利用したログ取得時にエラーが発生するケースがある不具合を修正しました。

2015年7月21日 Logstorage for AWS Ver 1.1.0 リリース

  • AWS CloudTrail Collector
      ・S3のイベント通知を利用してログ取得する方式に対応しました。
      ・S3より直接ログ取得する方式に対応しました。

  • VPC Flow Logs Collector
      ・VPC Flow Logs に対応しました。

2015年7月1日 Logstorage for AWS Ver 1.0.0 リリース

  • 新規リリース